1.2. コードを書いてみよう

迷路の自動生成アルゴリズムのコードを書きましょう。Glibを使います。まずはHello World!を作ってみます。


#include <glib.h>

int main(int argc, char *argv[])
{
  g_print("Hello World!\n");
  return 0;
} 

コンパイルするにはこのコマンドを実行します。

[user@machine ~/dir]$ gcc -Wall -o test `pkg-config --cflags glib-2.0` `pkg-config --libs glib-2.0` test.c

Makeを使いましょう。長いコマンドを打たなくてすむようになります。以下はMakefileのサンプルです。


CFLAGS=-Wall `pkg-config --cflags glib-2.0`
LIBS=`pkg-config --libs glib-2.0`
OBJS=test.o

CC=gcc

default: $(OBJS)
	@echo Building the test source.
	@$(CC) $(CFLAGS) -o test $(LIBS) $(OBJS)
	@echo
	@echo Completed. Type './test'.

clean:
	@rm -f $(OBJS)
	@rm -f *~
	@rm -f test

test.o: test.c
	@$(CC) $(CFLAGS) -c test.c

Makefiletest.cの隣におくと、makeと打つだけでコンパイルできるようになります。